川口市の弁護士による相続,遺産の法律相談。戸籍や固定資産税や退職金や生命保険。遺留分や寄与分などのご相談は弁護士法人てんとうむし法律事務所まで。

相続まるごと相談所
TEL:048-229-2505
WEB相談予約

預貯金の分割

HOME > 預貯金の分割

預貯金の遺産分割 

 先日,夫が死亡しました。遺産の中に預貯金100万円(普通預金)がありますが,遺産分割協議前に,銀行に払戻しの請求はできるのでしょうか?
 できるとしたら全部の払戻の請求ができるでしょうか?(妻,子ども2人の場合)

 法的には払戻請求できると考えられていますが,銀行に拒否される可能性が高いでしょう。

 ◎判例と金融事務
 預貯金などの金債権は,判例によれば,相続開始と同時に法定相続分に応じて当然分割され,各相続人に移転されるとされています。
 また,遺産分割後は,分割内容に従い各相続人に相続の開始のときにさかのぼって移転します。(夫が死亡した後の利息については,遺産にあたらないとして,遺産分割協議の影響を受けない場合があります。)
 この判例の立場では,これらの相続人は,金融機関に相続人であることを証明して,預貯金の払戻しや名義書換を請求できることになります。
 しかし,実際の金融機関の実務は,このような判例の立場に従っておらず,事後的に何らかのトラブルが発生し金融機関が免責されない事を防止するため,戸籍謄本や遺産分割協議書の提出等の厳格な手続を要求しています。また,払戻しや名義書換の具体的手続は各金融機関によっても異なりますので,その手続きについては事前に金融機関の担当者に問い合わせをする必要があります。
 なお,定期預金等の預金の種別によって結論が異なる場合があります。
 今後,普通預金についても判例が変更される可能性があります。(平成28年9月1日現在)

『平成23年7月改訂 Q&A遺産分割の実務』(清文社)参照

遺産分割

遺産分割協議遺産分割調停解決事例

遺産相続の範囲

相続人相続財産預貯金の分割祭祀財産と遺骨死亡退職金ゴルフ会員権

遺言

遺言作成自筆証書式遺言公正証書遺言遺言内容の注意

てんとうむし法律事務所

事務所案内講演・セミナー弁護士費用よくある質問弁護士紹介アクセス案内個人情報保護指針

対応エリア


埼玉県 川口市
さいたま市,浦和,大宮,蕨市,草加市,戸田市,朝霞市,志木市,和光市,新座市, 越谷市,
埼玉近県の皆様