川口市の弁護士による相続,遺産の法律相談。戸籍や固定資産税や退職金や生命保険。遺留分や寄与分などのご相談は弁護士法人てんとうむし法律事務所まで。

死後離縁と相続

HOME > 死後離縁と相続

死後離縁と相続

既に相続が発生した後の死後離縁。

 死後離縁は、将来的に親族関係を解消する手続きですので、死後離縁前に死亡した親族との関係では法定相続人として相続権が発生しており、死後離縁の有無にかかわらず、原則として遺産分割協議に参加する資格を失わないと考えられます。
 

相続財産受領による死後離縁の可否への影響

 死後離縁を行うには家庭裁判所の判断が必要です。
 多額の相続を得た後で、死後離縁を認めてることが不合理であるとされる場合には死後離縁が認められない場合があります。
 例えば、親族間には扶養義務がありますが、相続で多額の財産を得たのに、近い将来生じるであろう親族の扶養の義務を死後離縁で免れることが不合理であると考えられてしまう場合があります。

遺産分割

遺産分割協議遺産分割調停解決事例

遺産相続の範囲

相続人相続財産土地・建物預貯金の分割祭祀財産と遺骨死亡退職金ゴルフ会員権

相続関連

預金使い込み預金の使い込み対策死後離縁と相続

遺言

遺言作成自筆証書式遺言公正証書遺言遺言内容の注意

てんとうむし法律事務所

事務所案内講演・セミナー弁護士費用よくある質問弁護士紹介アクセス案内個人情報保護指針

対応エリア


埼玉県 川口市
さいたま市,浦和,大宮,蕨市,草加市,戸田市,朝霞市,志木市,和光市,新座市, 越谷市,
埼玉近県の皆様